Power BI道場 ドリルダウン 設定と利用方法について説明

Power BI

ドリルダウンはBIツールの一般用語です。
一つ下の階層データを表示することをドリルダウンといいます。

住所の例で説明します。

グラフの日本をクリックすると県表示に切り替わります。
これをドリルダウンといいます。

県から一つ上の国の情報に戻ることをドリルアップといいます。

この記事ではドリルダウンの設定方法について解説します。

ドリルダウン:表示単位を「国→県」に下げる
ドリルアップ:表示単位を「県→国」に上げる

基礎 ドリルダウンの設定方法

ドリルダウンの設定は2つあります

  1. 項目を一つ一つ追加する
  2. 階層化した項目を割り当てる
項目を一つ一つ追加する方法の手順

積上棒グラフの場合、軸に項目を一つ一つドラッグ&ドロップします。
それでドリルダウンの設定は完了です。

東京都をクリックすると、東京都内の市町村が表示されました。
「国」→「都道府県」→「市町村」
のドリルダウンが確認できました。

階層化した項目を割り当てる手順

階層項目を選択するとそれだけでドリルダウンを設定できます。

何度も使う場合は階層項目を作成すると便利です。

階層の作成方法

フィールドのパネル内で、下位階層の項目を上位階層にドラッグ&ドロップすることで作成できます。

国 → 都道府県 → 市町村
の階層項目を作る場合、次のようになります。

  1. 「都道府県」を「国」の上のドラッグ&ドロップします
  2. 新しく「国 階層」の項目が作成されます
  3. 「市町村」を「国 階層」の上にドラッグ&ドロップします

ドリルダウンができる箇所はグラフによって決まっています。

例えば積上げ棒グラフの凡例はドリルダウンできません。
凡例の東京を選んでも、東京だけでなく全部の県が表示されます。

基礎 ドリルダウンの使い方

グラフの右上のアイコンで操作します。

左のアイコンから意味を説明します。

  1. ドリルアップ。上位階層を表示
  2. 選択状態にすると、グラフのクリックでドリルダウンできる
  3. 次のレベルに移動
  4. 1レベル下をすべて展開

その他に

  • 右クリックのメニューからドリルダウン
  • 「データ/ドリル」のリボンからドリルダウン

のメニューからも同じことができます。

各メニューの対応関係

この↓の3つのアイコンは動作が異なります。
違いについて説明します。

「ドリルダウン」アイコンについて

選択状態にすることで、ドリルダウン機能が有効になります。
グラフをクリックすることでドリルダウンできます。

「ドリルダウン」はクリックした値の下の階層レベルの情報を表示します

「東京」をクリックすると「千代田区」「大田区」などの東京都内の市町村が表示されます。

「次のレベルに移動」アイコンについて

次の階層データを表示します。
「都道府県」→「市町村」
の階層データの時、「市町村」のデータを表示します。

「次のレベルに移動」下の階層の情報を表示します

「1レベル下をすべて展開」アイコンについて

現在の階層のデータを引き継いで次の階層データを表示します。
「都道府県」→「市町村」
の階層データの時、「都道府県」+「市町村」のデータを表示します。

「次のレベルに移動」上階層+下の階層の情報を表示します

違いのまとめ

違いが分かりやすいように同名の市がある府中市のデータを用意しました。

ドリルダウン:
 クリック値でフィルタ + 1段階下の階層を表示
 東京都府中市を表示

次のレベルに移動:
 1段階下の階層を表示 
 東京都と広島県を合計した府中市を表示

1レベル下をすべて展開:
 現階層の値 + 1段階下の階層を表示
 東京都府中市と広島県府中市を表示

日付データのドリルダウンには注意してください。

「次のレベルに移動」と「1レベル下をすべて展開」で出力結果が大きく違くなります。

まとめ

ドリルダウンについて解説しました。

  • 軸に複数項目を設定する事でドリルダウン可能
  • グラフ右上のアイコンで下階層のデータを表示可能。
    ですが、動きが違うので注意が必要

ドリルダウンと相性のいい機能としてドリルスルーがあります。
ドリルスルーは主に明細情報を出すために使います。

例えばドリルダウンで対象の市町村を絞り込んだ後、郵便番号と住所の明細を出すという風な使い方をします。

ドリルスルーの設定について知りたい方は次の記事をご参照ください。

Power BIについてもっと詳しく知りたい方はPower BI記事のまとめから参照できますので、こちらもご参照ください。

  • Power BIの概要
  • Power BIの機能の使い方
  • サンプルレポートのハンズオン

についてまとめてあります。

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami