Power BIの使い方 – 簡単なダッシュボードを作ってみよう

BIツール

コロナ分析のダッシュボードを作成してみます。

この記事の目的
・Power BIの操作に慣れる
・簡単なレポートを自分で作れるようになる

完成したダッシュボードはこちらです。

  • 感染者総数の数字
  • 男性と女性比率の円グラフ
  • 年齢別の月次の積上げグラフ

コロナのサンプルデータを取得

東京都の新型コロナウイルス陽性患者のデータを使用します。
使用するCSVファイルはこちらです。

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - 東京都_新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - 東京都オープンデータカタログサイト
東京都 新型コロナウイルス対策サイト で公開している都内 新型コロナウイルス陽性患者の詳細データです。(注)公表_年月日:患者情報を公表した年月日。発症_年月日:症状があらわれた年月日。確定_年月日:検査により陽性であることを医師が確認した年月日。退院済フラグには、死亡退院含む。...

データの取り込み

データのダウンロード

ダウンロードした「130001_tokyo_covid19_patients.csv」ファイルを作業フォルダに移動します。

ダウンロードフォルダではなく、正式なフォルダに移動してください。
データ差替え時に、同じ場所にファイルを置く必要があるためです。

後で、「どこにファイルを置けばいいんだったっけ?」とならないようにしてください。

私は「C:\PowerBI\data」に保存しました。
場所は後でも変えられますが、初めに決めておいた方が簡単です。

Power BIからダウンロードしたファイルを取り込む

  1. Power BIのソフトを起動します
  2. 「データを取得」から「テキスト/CSV」を選びます
  3. ダウンロードしたcsvファイルを選択します。
  4. csvのデータが画面に表示されますので、「読み込み」ボタンを押します。

取り込んだデータを見てみます。

左の表のアイコンをクリックするとデータを参照できます。
・陽性患者1人に対して1行
・都道府県のデータはあるが「東京都」しかない
・データが入っているのは、
  公表_年月日、患者_年代、患者性別
 というのがわかります。

分析する前にざっとデータには目をとおすように習慣づけましょう。
全国のデータと思ったら、東京都だけだったという事になりかねません。

ダッシュボードの作成

東京都の累計患者数を表示

累計数字の表示を作ります。

  1. カードを選択
  2. “フィールド欄”の”[No]の項目を”視覚化”欄の[値]にドラッグする
  3. [値]の表示をカウントに変更する

一人につき一行なので、行をカウントをすることで累計患者数を出せます。

男女比率の円グラフを作成

男女の比率を求める円グラフを作成します

  1. ドーナッツグラフを選択
  2. “フィールド欄”の[患者_性別]の項目を”視覚化”欄の[詳細]にドラッグする
  3. “フィールド欄”の[No]の項目を”視覚化”欄の[値]にドラッグする
  4. [値]の表示をカウントに変更する

月別の患者数グラフを作成する

月別の患者数グラフの作成手順です。

  1. 積み上げ縦棒グラフを選択
  2. “フィールド欄”の[公表_年月日]の項目を”視覚化”欄の[軸]にドラッグする
  3. “フィールド欄”の[No]の項目を”視覚化”欄の[値]にドラッグする
  4. [値]の表示をカウントに変更する
  5. グラフの初期表示を月に変更する

最後の操作の、図の表示変更について説明します。

Power BIは日付データを入れると
 年
 四半期
 月
 日
の階層データを作ってくれます。
これにより、四半期や月の推移表を簡単に作ることができます。

階層データをグラフに使うと下の図の矢印がでます。

↑ 上矢印
一つ上の階層データを表示します。
日データを表示していたら、月データの表示に変わります

↓ 下矢印
クリックした値の下の階層のデータを表示します。
2020年をクリックしたら、2020年の四半期データを表示します。

↓↓2重下矢印
下の階層の全データの合計を表示します。
年から四半期データに変えた場合、全部の年の合計Q1データが表示されます。

20191月100
20201月200

このようなデータがあった場合、↓↓Q1 300の表示になります。
を選択後2020年をクリックした場合、Q1 100の表示です。

年齢別の積み上げグラフに変更する

先ほど作った月別の患者数グラフを年齢別に変更します。

年齢別の患者数の数字がないので自分で作ります。
「クイックメジャー」をクリックして、下の図のようにセットします。

このセットの意味は、
 患者_年代 = “10代”
で抽出した、Noのカウントの項目を作るという意味です。

追加すると「フィールドに」新しい項目が追加されたことを確認できます。

同じようにして、前年代の項目を作成します。
一つずつ設定するのは大変なので、10代のNoカウントを利用して作ります。

下の図を参考にして、計算式をコピーします。

  1. 「10代のNoカウント」を選択
  2. ^を押して、項目式の欄を拡大表示
  3. 表示された式をコピー

この計算式は先ほど手入力した内容をPower BIが式に変換したものです。
項目の名前を「10代」に変更して、左のチェックボタンを押して保存します。

10代 の No のカウント = CALCULATE( 
   COUNTA(‘130001_tokyo_covid19_patients'[No])
,’130001_tokyo_covid19_patients'[患者_年代] IN { “10代” }
)

先ほどの数式をコピーします。
式の中に10代が2か所ありますが、それを20代に変えます。

これは、20代を抽出した、新しい「20代」の項目という意味です。

下の図を参考にして、「新しいメジャー」を選択後、数式欄に変更した値を張り付けて保存します。10代から80代まで作成します。

20代 = CALCULATE(
    COUNTA(‘130001_tokyo_covid19_patients'[No])
,’130001_tokyo_covid19_patients'[患者_年代] IN { “20代” }
)

10代から80代まで作成したら、最後は「その他」を作成します。

下の式を張り付けてください。NOTを利用することで、10代から80代以外という意味となります。

その他 = CALCULATE(
COUNTA(‘130001_tokyo_covid19_patients'[No])
,NOT(‘130001_tokyo_covid19_patients'[患者_年代]
in { “10代”,”20代”,”30代”,”40代”,”50代”,”60代”,”70代”,”80代” }
))

新規項目を作り終わりましたので、グラフに反映させます

  1. 「月別の患者数グラフ」を選択する
  2. 元の値を削除
  3. 10代から順番に項目をクリックしていく

これで、棒グラフの下から10代、20代となっているグラフができました。

動作確認

左の円グラフの男性をクリックすると、カードの値が男性のみの値になります。
右の棒グラフのAprilをクリックするとカードの値が4月の数字となります。

グラフをクリックした時にもう一つのグラフの色が変わります。
例えば男性をクリックした場合、右グラフの濃い色が男性を表します。

これは強調表示となっているためです。
男性をクリックした時に男性だけを表示するように変えてみます

  1. 左の円グラフを選択
  2. 上のリボンから書式を選択
  3. 「相互作用を編集」をクリック
  4. 右図のフィルタのアイコンをクリック

この「相互作用を編集」は、グラフ同士の連動のしかたを定義します。
アイコンの意味は
 左:先に指定したグラフの値で、このグラフの値を抽出する
 中:先に指定したグラフの値を、強調表示する
 右:グラフの表示は変更しない
となります。

最後に表示から、自分の好きなレイアウトを選べば終了です。

まとめ

グラフの作成は直感的にわかりやすいので、作りやすいと思います。

10代、20代といったデータを作成するところは少し難しかったと思います。
難しいところはExcelで事前に加工するのも一つの手です。

グラフをクリックすると動的に変わるところはPower BIの面白いところです。

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami