Power BI道場 累計の作り方。お手軽な方法と応用の2つを紹介

Power BI

Power BIでの累計のデータ作成方法について解説します。

下のグラフの折れ線が累計データです。
4月から金額を積み上げて、3月末にリセットしています。

知っていれば簡単なのですが知らないとすごく苦労します。

累積はよく使いますので参考にしてください。

基礎 累計のメジャー作成

累計はクィックメジャーから作成できます。

  1. クイックメジャーをクリック
  2. タイミインテリジェンスを選ぶ
    年度を選ぶと1/1から12/31まで積み上げます
    四半期は同様に1/1 -3/31, 4/1 – 6/30, 7/1 – 9/30です
  3. 基準値と日付の設定
    日付は日付形式の項目のみ選べます

年度末を12月31日から3月31に変えたい方はこの作業をしてください

  1. 作成した累計項目を選択
  2. “3/31″を関数に追加
    TOTALYTDの関数は第2引数で年度末を指定できます。

以上で累計の項目作成ができました。

グラフの作成時に1点注意点があります。
軸の項目は、クィックメジャーを作成した「日付」と同じ項目を使用してください。

違う項目を使うと累計されません。

応用 累計の出し方を自分で制御したい

クィックメジャーで累計を作成するのが手軽でおすすめです。
ですが自分の要望と合わないときがあると思います。

  • 年を超えた全データの累計をしたい
  • 日付の軸を自分で作成した日付テーブルを使いたい
    *棒グラフは日付が英語表記になるというバグが有るため
  • 複雑な条件式を指定したい

といったクィックメジャーで対応できない場合の方法を解説します。

  1. 新しいメジャーを選択
  2. 累計の式を記入する
項目名 = CALCULATE(sum(集計項目),FILTER(ALLSELECTED(テーブル),日付項目 <= MAX(日付項目)))

サンプル

累計金額 = CALCULATE(sum('テーブル1'[金額]),FILTER(ALLSELECTED('テーブル1'),'テーブル1'[金額] <= SUM('テーブル1'[金額])))

複雑な条件を作りたい方向けにこの関数の詳細説明をします。

1行目から順番に次の計算が動きます

  1. FILTERはデータを抽出する関数です。
    1つ目の引数には対象テーブルを指定します。
    ALLSELECTEDは画面上で選択した抽出条件も含めるという意味です。
    画面上でカテゴリ「米」を選択しているので、テーブル1から米のみを抽出した結果を返します。
  2. FILTERの2つめの引数には抽出条件を指定します。
    MIN,MAXなどの集計関数を使うと大元のレコードを指します。
    1行目の計算は1行目の値となるので”2019/4/1″以下を抽出します。
    2行目は”2019/5/1″なので”2019/5/1″以下を抽出します。
    *1行の値なのでMAXの代わりにMINを使っても同じ結果になります。
  3. SUMで結果を金額を集計します。

まとめ

累計はクィックメジャーからタイムインテリジェンスの関数を使って作成することができます。

複雑な計算をするときはDAX関数を使用して作成します。
Filter関数で抽出文にMAX,MINなどの集合関数を使うと対象行の値を使うことができます。
それを元に複雑な計算式を作れます。


Power BIについてもっと詳しく知りたい方はPower BI記事のまとめから参照できますので、こちらもご参照ください。

  • Power BIの概要
  • Power BIの機能の使い方
  • サンプルレポートのハンズオン

についてまとめてあります。

タイトルとURLをコピーしました