Power BI道場 メジャーの意味と利用方法

Power BI

メジャーは分析対象の数字のことをいいます。

BIツールの一般用語です。
Power BIは計算式の作成をメジャーと呼んでいるので誤解しやすいです。

基礎編ではメジャーはの意味と設定のしかたについて詳しく解説します。

また「新しい列」と「メジャー」の違いを説明しています。
「新しい列」も計算式を作る機能です。
違いを知ることで混乱や手戻りを少なくできます。

この記事を読む事で

  • この設定でどうしてメジャーが使えないの?
  • この関数は何でメジャーで使えないの?

といった事が自然とわかるようになります。

基本編 Power BIのメジャーの意味

例えば売上データで、
 売上日、商品名、売上金額、売上数量
があったとします。
売上金額と売上数量の数字項目をメジャーといいます。

これだけですとわかりにくいのでPower BIの例をあげます。

メジャーの例

例1 棒グラフ
値に設定した「売上金額」がメジャーです

例2 円グラフ
値の「売上金額」がメジャーです

例3 マトリックス
値の「売上金額」と「売上数量」がメジャーです。

Power BIでのメジャーの意味

上記の例でわかるように、Power BIでは「値」と呼んでいるのが、一般的な意味のメジャーです。

Power BIでは計算式を作るときにメジャーという言葉がでてきます。

この表記だけ見ると何を意味するのか分かりにくいですが、

  •  新しいメジャー :”新しい値”の計算式を作成
  •  クイックメジャー:手早く”新しい値”の計算式を作成する

と考えておけば大丈夫です。
  メジャー = 値
です。

基礎編 Power BIでのメジャー作成方法

メジャーを作成するには

  1. クイックメジャー
  2. 新しいメジャー

の2通りあります。

クイックメジャー

クイックメジャーは指示に従って計算式を作る方法です。

関数を覚えなくても計算式を作成できます。

使用方法の概要

  1. クイックメジャーを選択
  2. 計算から計算方法を選択
  3. 指示された項目をフィールドから選択して、計算式を完成させる

計算式には6つのカテゴリがあります。
それぞれよく使うサンプルをあげて使い方を解説します

  • カテゴリごとの集計
  • フィルター
  • タイムインテリジェンス
  • 合計
  • 数学演算
  • テキスト

カテゴリごとの集計

別カテゴリで集計した値を作成します。
表示するデータと違う軸で集計したデータを同じグラフに出す時に使用します。

例) 四半期と月の違う軸の2つのデータを1つのグラフに表現する

  • 四半期ごとの売上累計の棒グラフ
  • 月単位の平均売上金額の線グラフ

売上月単位の売上金額の平均のメジャーを作成しています。
赤い線が作成したメジャーです。

設定パラメータ
 計算  :カテゴリごとの平均
 基準値 :売上金額
 カテゴリ:売上日の月

フィルター

特定の行のみを抽出した値の計算を作成します。

例)配達料金を除いた売上金額のメジャーを作成します。

商品名売上日売上数量売上金額
シャンプー2020/1/16200
配達料金2020/1/11100
パン2020/2/13750
配達料金2020/2/11100
データサンプル

サンプルのグラフ
 青 :配達料金を除いた売上金額
 水色:配達料金を含む売上金額

設定パラメータ
 計算   :フィルターされた値
 基準値  :売上金額
 フィルター:カテゴリ
       リストから配達料金を選択

青の棒グラフが作成したメジャーです。
配達料金をフィルタで覗いています。

クイックメジャーの設定からフィルターで除外条件や複数選択ができません。
作成後、計算式を直接変更します。

配達料金以外を出すように赤色の文字を追加しました。

配達料金 の 売上金額 =
CALCULATE(SUM('売上情報'[売上金額]), NOT('売上カテゴリ'[カテゴリ] IN { "配達料金" }))

タイムインテリジェンス

時系列データで、1つもしくは複数前の時間を使った計算式を作成します

例)年度開始日からの月の売上の累計を出します
 水色:年度累計で作成した売上高
 青 :月別の売上高

設定パラメータ
 計算 :年度累計
 基準値:売上金額
 日付 :売上日

水色の棒グラフが作成したメジャーです。
年初からの売上を累積しています。

例)前月度比の売上変化のグラフ

設定パラメータ
 計算 :月ごとの変化
 基準値:売上金額
 日付 :売上日

数学演算

計算式です

例) 売上金額と売上数量から単価を作成

設定パラメータ
 計算    :除算
 numerator  :売上金額
 denominator:売上数量

単価 = numerator(売上金額) / denominator(売上数量)

テキスト

テキスト文字列の生成

例) 売上金額の★評価を作成

この例では売上金額0を★0。売上金額1000が★5個になるように表示する

新しいメジャー

新しいメジャーは直接式を書いて計算式を作る方法です。

  1. 新しいメジャーをクリック
  2. 式を記入
    長い式を書きたい場合は右の下矢印を押して入力画面を広くする。

ここに記入する式はDAX関数と言われています。

MicrosoftのDAX関数の説明ページはこちらから参照可能です。

DAX 関数リファレンス - DAX
詳細については、以下をご覧ください。DAX 関数リファレンス

初めはクイックメジャーを使って作成する事をおすすめします。
クイックメジャーを作成すると自動でDAX関数が作成されます。

それを元に使い方を学んだり、細かい修正を追加すると理解が早いです。

その他 疑問や質問点

メジャーをスライサーとフィルターに使えないのはどうして?

メジャーで作成した項目はスライサーやフィルターには使えません。

「新しい列」で作成した計算列でしたら利用できます。

下記はスライサーに単価を追加するために、新しい列を追加する例です。

  1. 左のアイコンから「データ」を選択
  2. 「新しい列」を選択
  3. 式を記入

計算式を作るときにメジャーと新しい列で作成のどちらを使えばいいの?

結論から言うと「新しい列」です。
「新しい列」で対応できない場合に「メジャー」を使います。

「メジャー」と「新しい列」の違いは計算タイミングです。
「新しい列」の場合は表に関して計算式を追加します。
メジャーはグラフに対して計算式を追加します。

具体的な違い

  • メジャーでは式を書く時集計関数を使う。(SUMやMAXなどの関数)
    メジャーの単価:DIVIDE(SUM(‘売上情報'[売上金額]), SUM(‘売上情報'[売上数量]))
    計算式の単価 : ‘売上情報'[売上金額] / ‘売上情報'[売上数量]
  • メジャーはスライサーやフィルタで指定できない
    理由:集計関数のため
  • メジャーは「値」以外の軸、凡例、詳細などに利用できない
    理由:集計関数のため
  • メジャーでは項目設定時に集計式を指定できない。(下図の赤枠)
    理由:メジャーの計算式内ですでに集計関数を使っているため。

まとめ

Power BIのメジャーは「値」に使う計算式という事がわかりました。

またメジャーは集計の計算式なので、「値」以外の場所では利用できません。

メジャーは集計関数を利用するので、複雑なことができます。
反対に難しくなるため、わかりにくいという弱点があります。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami