KPI

KPI

財務諸表の読み方。PS,BS,CFの3つの決算資料の関連性

経営分析に必要な3つの財務諸表の読み方と関係性について説明しています。 資料を作る人ではなく、分析者向けの視点でかいています。 財務諸表の概要を知りたい方や、分析する目線で見たい方はお読みください。
KPI

【損益計算書】分析する時にガシッとイメージできる見方を紹介

損益計算書を分析する時に必要なイメージの掴み方を紹介します。 損益計算書を作る上では科目の正確さなどは大切です。 ですが分析には違うものが大切になります。それがイメージです。 そのイメージをつかめるように説明していますのでお読みください。
KPI

KPI道場 自己資本比率と負債比率の分析

自己資本比率と負債比率について説明しています。 数値の目安や経営状態がいいか悪いかを分析する時に役にたつ考え方を解説しています。
KPI

KPI道場 固定比率と固定長期適合率を分析者の視点でみる方法

固定比率と固定長期適合率の数字が良いか悪いか分析する際の考え方について書いています。 適正値は業界やビジネスモデルによって違います。そのため数値の目安を知るには考え方を知るのがたいせつです。 その考え方がわかるように解説していますので、ぜひお読みください。
KPI

KPI道場 流動比率と当座比率の違いについて

分析者用に流動率と当座比率の違いについて解説しています。 構造を理解することで、今までよりも1歩深く分析に役に立つように書いていますので、ぜひお読みください。
KPI

貸借対照表からだせる指標6つ。わかりやすい例で紹介

貸借対照表から計算できる指標6つを紹介します。 カテゴリ指標計算式短期安全性流動比率流動資産/流動負債 × 100短期安全性当座比率当座資産/流動負債 × 100長期安全性固定比率固定資産/自己資本 × 100長期安全性固定長期適合...
KPI

貸借対照表を専門外の人にわかりやすく説明

貸借対照表は難しい言葉が多くて敬遠したくなります。 ですが読む人にとっては会社の概要をまとめてあるわかりやすい資料です。 この記事では読む人用に身近な例を使ってわかりやすく説明します。
KPI

キャッシュフロー計算書 分析者のための本質説明

会計関係の本は難しいのが多くて理解するのがたいへんです。 会計の専門外の人やこれから決算関係資料を学びたい方向けに、<br>本質に絞ってまとめました。 細かい内容を知らなくても、本質を知っていれば今後役にたちますので、ぜひお読みください。
KPI

KPI道場 収益アップに大切な顧客生涯価値(LTV)について

顧客生涯価値(LTV)の説明をできる限りわかりやすく解説しています。 LTVは単純に指標として使うだけでなく、マーケティングをする上でアイディアの源泉となるものです。 最後にメルカリの事例で計算していますので、ぜひお読みください。
タイトルとURLをコピーしました