【損益計算書】分析する時にガシッとイメージできる見方を紹介

KPI

分析にはイメージが大切です。
損益計算書を分析する時に必要なイメージのつかみ方を紹介します。

例えば売上総利益を考える時
 ・売上総利益 = 売上高 – 売上原価
という知識が必要です。

しかし売上総利益という言葉から内容をイメージできる人は少ないと思います。
イメージができるとそこから疑問につながりそれを調べることで深く分析できます。

「売上総利益がすごく高い。ブランド? 技術力? ぼったくり?」
と売上総利益のイメージができるひとだとそこから次の分析の視点が広がります。

この記事では損益計算書がイメージできるように書いていきますので、御覧ください。

損益計算書の5つの利益と概要

損益計算書は5つの利益を表しています。
この5つの利益について説明します。

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前純利益
  • 税引後純利益

セールスマンの立場で損益計算書を考える

5つの利益をイメージしやすいようにセールスマンの例で考えます。

結論を先にまとめると5つの利益は誰かにお金を払った後の利益を表してます。

売上総利益取引先に商品代金を払った後
営業利益自社のサポート部隊にお金を払った後
経常利益銀行に金利を払った後
税引前純利益突発的な費用を払った後
税引後純利益政府に税金を払った後

売上総利益

やっとのことで商品を10万円分売りました。
でも10万円は自分のものになりません。

売った商品は業者から買ったのでその代金4万円を払いました。
残った6万円が売上総利益となります。

売上総利益は売上から取引先への代金を払った後に残った金額をいいます。

売上総利益 = 売上高 – 売上原価

売上原価は取引先から買った値段です。
自社で作っていても取引先から買ったと想定して値段設定します。
そのため自社製品の売上原価は部品の原価だけでなく作成にかかった人件費や工場の設備費や家賃も売上原価の中に入ります。

営業利益

会社に戻ると2万円払うように事務所のスタッフから言われました。
「エアコンの中でぬくぬくと座っているだけの人になぜ払わないといけないのか?」
と抵抗すると

  • 販売用のパンフレットを作ったのは誰?
  • 請求書の書類を整えたり、給与計算して払っているのは誰?

と言われてしぶしぶ払いました。
2万円を払って残り4万円が営業利益になりました。

営業利益は売上総利益から社内のサポート部門の費用を払った後に残った金額です。

営業利益 = 売上総利益 – 販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費は自分の会社でかかっている費用全部です。
工場の費用は売上総利益の時に引いているのでそれは除きます。
*セールスマンの給与も実際はこの中です

経常利益

「売上おめでとうございます。1万円お支払いください。」
と電話がかかってきた。

初めの商品を用意するために銀行からお金を借りたのを忘れてました。
利息の1万円支払い残りの3万円が経常利益となりました。

経常利益は営業利益から金融機関への支払が終わった後の金額です。

経常利益 = 営業利益 – 営業外収益と費用

営業外収益と費用は金融関係の費用を意味しています。

税引前純利益

他のセールスマンが車をぶつけたということで社内は騒然となりました。

事務所のスタッフが自分の前に来て
「1万円お支払いください」
となぜか言ってきます。

理由は車の費用を会社全員で負担ということでした。
1万円払い残りの2万円が税引前純利益になりました。

税引前純利益は経常利益から突発的な費用を引いて残った金額です。

税引前純利益 = 経常利益 – 特別利益と特別損失

営業外の突発的な費用が特別利益と特別損失になります。
いわゆるその他の費用と損失です。

税引後純利益

2万円の利益を経理に報告したら、1万円とられてしまいました。
理由は税金の支払いということです。

1万円支払い、残った1万円が税引後純利益になりました。

税引き後純利益は税引前純利益から税金を引いた金額です。

税引後純利益 = 税引前純利益 – 税金

損益計算書で実際に分析する

各利益の概要がわかったと思いますので、次に各利益での分析を考えてみます。

売上総利益と営業利益の分析

他社との差別化が高利益を生む。
その差別化している内容を調べるのが分析
というのがこの記事の主題です。

昔の考えではコストを積み上げた後、利益をのせた価格で売ります。

売上原価 + 販売費 + 利益 = 販売価格

今の考えは消費者が買う値段を作り、その値段からコストを引いたのが利益です。

(販売価格 - 販売費) - 売上原価 = 利益

2つはまったく同じ式では?
と思った方も多いと思います。
違いを例をあげて説明します。

お酒の販売を仮定します。
家庭用の缶のお酒の販売を考えると200円ぐらいが限度です。
これは差別化しにくいためです。
価格競争が激しくコストに最低限の利益を足すという考えに自然となります。

かたやホストクラブを考えてください。
何十万という金額でお酒が売れることがおきています。
これはお酒がその価値をもっているわけではありません。
サービスと体験に対してお金を払っているのです。
販売費を使って販売価格を作っているといえます。

売上総利益率が高い:他社と差別化できるビジネスモデルを持っている

ということができます。

例えばメルカリの損益計算書の例です。


売上総利益率は71%とものすごく高いです。
これは日本のメルカリが高収益なためです。

ですが販売費が飛び抜けて高く営業利益がマイナスになっています。
ではメルカリは危険なのでしょうか?

これは危険ともいえますし危険でもないともいえます。
損益計算書からだけですと読みきれないですが分析次第です。

販売費が高いのはUSメルカリとメルペイで販促費に大金を使っているためです。
USメルカリはメルカリの地位を確立させて高収益の体制を狙っています。
*シェア上位に位置することでの他社との差別化

実は日本のメルカリも初期に大量資金を導入することで、後発の立場から今の地位を確立しています。
ですので同じ戦略ですすめていることがわかります。

このように売上総利益率が高かったり販売費が高い会社は、何かしら他社と差別化する戦略がある可能性があります。

経常利益の分析

経常利益は日本では一番よく使われます。
分析する上では経常利益は重要視する必要はないと思っています。

理由は会社の業務分析をする上で

  • 商品対策
  • 金融対策

の2つ軸があり、経常利益は両方が混じってしまっているためです。
金融対策は金融対策として別に分析をしたほうが純粋に良し悪しがわかります。

まとめ

損益計算書の5つの利益は
「誰にお金を払った後の利益か?」
と考えると覚えやすいです。

売上総利益取引先に商品代金を払った後
営業利益自社のサポート部隊にお金を払った後
経常利益銀行に金利を払った後
税引前純利益突発的な費用を払った後
税引後純利益政府に税金を払った後

売上総利益率は企業の力を見る上でも大切です。
売上総利益率が高いことは他社と差別化できる戦略を持っていることを意味するので、その差別化をつきとめることが分析の意味と楽しみです。

売上総利益が高く営業利益が低い場合は、本当にコスト体質の問題か、それとも他社との差別化のための活動によるものかを見極める必要があります。

関係記事
損益計算書と貸借対照表とキャッシュフロー計算書の関係性について
貸借対照表
キャッシュフロー計算書

タイトルとURLをコピーしました